埋もれ毛トラブル.com

埋もれ毛とは、脱毛や除毛を行ったあとに皮膚内で毛が成長してしまうことをいいます。

埋まり毛、埋没毛と呼ばれることもあります。

ムダ毛処理の際、皮膚が傷つくことでカサブタとなり毛穴が塞がれ、毛が皮膚の表面に出てこられなくなるというのが、原因の1つです。

また、ムダ毛処理によって毛先が尖ることで毛穴以外の皮膚を貫通してしまうということも原因になります。

脇の下やビキニラインなど、皮膚の弾力が少なくて毛の生える方向が不ぞろいの部分に発生しやすくなっています。

埋もれ毛ができた部分は、毛穴が黒く盛り上がったり、皮膚の下で毛が渦のようになったりします。

見た目は悪くなりますが、放っておいても大きな問題はありません。放置しておいても自然と分解、排出されます。

ただ、色素沈着を起こす可能性もありますし、炎症を起こすことも考えられます。

埋もれ毛を直すには皮膚科のレーザー脱毛が最適です。

自分で行うのだとしたら、保湿をしっかりと行って角質を柔らかくするのが先決です。

そうすると、特別な処置を行わなくとも毛が皮膚の表面に出てくることが多いようです。

消毒した針を患部に刺して毛を出す方法もありますが、跡が残ってしまうこともありますので、十分な注意が必要です。


埋もれ毛の原因について



埋もれ毛は、脱毛、剃毛、除毛などのあとに発生することがあります。

ムダ毛処理の際、皮膚が傷つくことでカサブタを作り、毛穴が塞がれて毛が皮膚の表面に出られなくなってしまいます。

また、ムダ毛の先が尖り、毛穴ではない皮膚を貫通してしまうこともあります。

毛抜きを使って脱毛をすると、太い毛を抜いた場合には毛穴自体が曲がってしまうこともあります。

すると毛が横に向かって伸びてしまい、皮膚の表面に出にくくなってしまいます。

こういったことが埋もれ毛の主な原因です。

毛穴の中でムダ毛が切れてしまったときも、その後に上手く真っ直ぐに伸びず、埋もれ毛となることがあります。

脇の下やビキニラインといった、皮膚の弾力が少なくて毛の生える方向が不ぞろいな部分は、埋もれ毛になりやすい部分です。

埋もれ毛を作らないようにするには、かみそりや毛抜きを使ったムダ毛の自己処理をやめることがベストです。

かみそりでのムダ毛処理は、どんなに気をつけても皮膚の表面に細かな傷がつきやすいです。

可能であれば、気になる部分のムダ毛はレーザー脱毛で処理してしまうことがオススメです。

レーザー脱毛であれば、埋もれ毛もキレイに処理ができます。

予算が合わない場合は、時間はかかりますがミュゼなら脇脱毛が安く施術することが可能なので、

そちらも検討してみると良いかと思います。

ミュゼで脱毛した方の評判も以下でわかりますので参考に。
ミュゼ口コミ投稿所
ミュゼプラチナムで脱毛した方のクチコミや感想・レビューが集まるサイト
http://www.musee-alpedhuez.com/